弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】会社の倒産で借金の返済ができなくなりましたが、自己破産できますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様は、知人に頼まれて借金をすることになってしまいましたが、借入をした当時は収入が多く、十分に返済をすることができていました。

転職をしてたくさんの部下を持つようになり、収入も増えましたが、部下に食事をおごったりするようなことも増え、少しずつ借入額が増えていっていました。


会社の業績が少し悪くなり、収入が少し減りましたが、これまでと同じように借入を繰り返していたため、さらに借入額が増えていきました。

ご依頼者様は、この時点でおまとめローンで借入をまとめ、ある程度の金額を返済しました。

ほとんどの借入の返済が終わった頃には、住宅ローンを組んで中古のマンションを購入しました。住宅ローンは借入期間が短くなっていたため、毎月の返済額は17万円程度にもなっていました。


その後は会社の業績が悪化したため、他の会社に転職をしました。

収入は増えたものの、単身赴任をきっかけに再度借入をするようになり、少しずつ借入が増えるようになっていきました。

返済が苦しくなる度に新たなカードを作って借りては返しを繰り返す生活を送っていました。


なんとか返済を続けていましたが、突然会社が倒産になってしまい、返済ができなくなってしまいました。

住宅ローンの返済もできなくなってしまったため、マンションも売却し、新たな住居に引っ越しました。


新たな仕事も見つけましたが、多額の負債を返済することができず、督促が続いて困っていたところ、当事務所にご相談に来られました。

収入が多かった頃の借入であったことと、住宅ローンの残額が残っていたこともあり、現在の収入では返済することが困難な状況になっていたたため、自己破産の方針を取ることになりました。


自己破産の申立後は免責審尋があったものの無事に免責決定を受けることができました。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。


この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理・自己破産・個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら