弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】オンラインカジノで作った借金で破産することはできますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様は、友人から話を聞いてオンラインカジノに興味を持ち、オンラインカジノを始めました。

最初は少しの金額で遊んでいましたが、しばらくするうちに使う金額が大きくなり、大きな金額を負けたりするようになってしまいました。

そのため、負けた分を取り返そうとして、借金をし、さらに大きな金額を賭けるようになっていました。

しかし、さらに負けが続いてしまい、どんどんと借金額が増え、気づけば多額の返済に追われるようになっていました。


これ以上返済ができないようになってしまったため、自己破産を選択しました。

借入のほとんどがオンラインカジノでの借り入れであったため、免責不許可事由に該当することになります。

そのため、免責を受けさせてもよいかどうかの調査のために、管財事件となることが見込まれました。

そのような見込みがあったため、ご依頼者様には毎月の家計簿をきちんとつけていただくように説明し、受任以来毎月の家計簿をきちんとチェックさせていただきました。


予想通り管財事件となり、管財人からの調査がありましたが、ご依頼者様はきちんと家計簿をつけており、オンラインカジノをしたことを反省し、ギャンブル依存症の治療のためのカウンセリングにも通っていましたので、調査はスムーズに終了し、1回目の債権者集会で免責決定を受けることができました。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。



この記事を書いた弁護士

弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)

弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理・自己破産・個人再生を
取り扱っています。
リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら