弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】住宅を残して借金を完済する方法はありますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様は長期間にわたって借りては返しという生活を続けてきましたが、だんだんと返済額がふくらみ、借入額が1000万円を超えていました。

収入は多いものの生活費も多額になっており、自己破産も検討しなければならないような状態でした。

しかし、ご依頼者様は住宅ローンの残っているご自宅をなんとしても残しておきたいというご希望を持っておられましたので、個人再生の方針で進めることになりました。


生活費が多額であったため、家計の見直しが必要でしたが、なかなか生活水準を下げることができませんでした。

そこで、ご依頼者様の配偶者様にもご来所いただき、個人再生の履行可能性をテストするための積立てができるようになるまで何度も打合せを行いました。


その結果、配偶者様にもご納得いただいた上で家計を見直すことができ、無事に個人再生の認可決定を受けることができました。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。



この記事を書いた弁護士

弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)

弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理・自己破産・個人再生を
取り扱っています。
リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら