弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】単身赴任時に作った借金を整理できますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様は収入のよい企業に勤めておられましたが、全国に転勤や出向があり、単身赴任で生活する期間が多くありました。

単身赴任時には生活費が不足することも多く、少しずつ借入が増えていってしまいました。


その後も転勤の度に見えないお金が出て行ってしまい、さらに借入が増え、気付けば2000万円近くに膨れ上がっていました。

そのことも原因で配偶者様とも離婚し、養育費を支払っておりましたが、借入れの返済も多く、養育費の支払いが遅れてしまうこともありました。


収入もあり、養育費の支払いを続けても十分に返済が可能ということから個人再生を選択し、無事に認可決定を受けることができました。弁護士に依頼した後は養育費の支払いも遅れることなく支払うことができています。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。



この記事を書いた弁護士

弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)

弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理・自己破産・個人再生を
取り扱っています。
リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら