弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】FXで多額の損失を出し、返済ができなくなりましたが、個人再生できますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様 Sさん 30代 男性

借入額 5社 800万円 毎月の返済額 約14万円


Sさんは、彼女と別れたことがきっかけで自暴自棄になり、かなりの金額を散財してしまいました。

少し冷静になった頃に、散財で貯金額がかなり減ってしまっていることに気付き、なんとかその分を取り戻そうと考えて為替取引(FX)を始めました。

しかし、なかなかうまくいかず、さらに貯金を減らしてしまうことになってしまいました。


その後は貯金を取り戻すために生活費を削って残った給料を為替取引(FX)につぎ込んでいましたが、1年ほどで貯金がなくなってしまいました。

貯金がなかったため、車検費用などの支払をすることができず、借入れをして支払うことになりました。


その借入れをきっかけに、Sさんは借入をして為替取引(FX)をするようになり、1年ほどで借入額は300万円以上になってしまいました。

このままでは返済できないと考えたSさんは、ご両親に相談して借入分を立て替えてもらい、大部分の返済をすることができました。


しかし、一刻も早く完済してしまいたいと考えたSさんは、さらに為替取引(FX)に投資をしてしまい、損失を出してしまいました。

その結果、これまで以上に借入が増えてしまい、返済をすることが困難な状態になってしまいました。


これ以上返済をすることができないと考えたSさんは、当事務所にご相談に来られました。


対応と解決方法

Sさんから個人再生を受任後、すぐに受任通知を送付し、以後の返済をストップさせました。

返済がストップしている間にSさんから弁護士費用をお支払いいただきました。


借入の原因のほとんどが為替取引(FX)を原因とするものであったため、Sさんには反省文を書いていただき、為替取引(FX)ができないように取引口座も全て解約していただきました。

また、Sさんは、もともと支出が少ない生活をしておられたため、これまでの返済がなくなると、個人再生の返済をしても余裕があるような家計の状況でした。


そのため、個人再生の申立て後はスムーズに認可決定を受けることができました。

認可決定確定後、Sさんは、生活を改め、順調に返済を続けておられます。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。



この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理・自己破産・個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら