弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】同棲する彼女との生活で借入れが増えましたが、任意整理できますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様 Tさん 男性 40代

借入額 6社で約480万円 毎月の返済額 約19万円


Tさんには、同棲をしている彼女がいました。

彼女と同棲を始めた頃から、彼女が買い物でお金を出すことがなかったため、Tさんは彼女のために何でも買っていました。

Tさんはカードを使って買い物をすることが多く、彼女にお金を出してほしいと頼んでも出してくれなかったため、どんどん借入額が増えていってしまいました。

気付いた頃には返済ができないような状態になってしまったため、Tさんは当事務所にご相談に来られました。


対応と解決方法

Tさんから債務整理を受任後、すぐに各債権者に受任通知を発送し、以後の返済をストップさせました。

返済が止まっている間に、Tさんからは弁護士費用をお支払いいただきました。


各債権者からの債権調査が終了したのち、各債権者と交渉を行った結果、毎月の返済額は約8万円となりました。

また、Tさんは、彼女とも話し合いをし、同棲を解消することになりました。

返済額が減り、彼女とも同棲を解消した結果、Tさんは、順調に返済を続けることができています。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。



この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理・自己破産・個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら