弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】ギャンブルで借金が膨らんでしまいましたが、任意整理できますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様 Cさん 30代 男性

借入額 約700万円


Cさんは、実家暮らしで、サラリーマンとして働いていました。実家に同居しているのは、Cさんの母・伯母・妹と女性ばかりで、Cさんは少し肩身の狭い思いをしていました。

なかなか家に帰り辛かったことや、仕事のストレスもあり、仕事帰りにパチンコに行くことが習慣になってしまいました。

それからギャンブルにのめり込んでしまい、気付けば借金をしてギャンブルをするようになり、どんどんと借金が膨らんでしまいました。


そのうちに毎月の返済額が約30万円になり、返済できなくなってしまったことから当事務所にご相談に来られました。


対応と解決方法

受任した当日に各債権者に対して受任通知を送り、返済をストップさせました。

Cさんは任意整理をご希望でしたが、借入金額が多額であったため、個人再生や自己破産等の裁判所を通した手続を取ってはどうかとお話させていただきました。

しかし、それでもCさんの考えは変わらず、なんとかして返済していきたいということでしたので、最終的には任意整理の方針を取ることになりました。

各債権者と交渉し、将来の利息をカットして元本だけを返済していく和解をした結果、毎月の返済額は約12万円になりました。


Cさんは実家暮らしということもあり、その金額であれば返済していけるということで、その金額での和解となりました。

Cさんは、任意整理の後、頑張って借金の返済を続けておられます。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。



この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理・自己破産・個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら