弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】自営業の失敗で借金ができ、その後も思うように返済ができませんでしたが、返済額を減らせますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様 Kさん 男性 40代

借入額 7社 約430万円 毎月の返済額 約17万円


Kさんは、元々自営業をされていましたが、借金の返済が回らなくなってしまったために廃業しました。

自営業を廃業した後は、Kさんのお父様が経営されていた事業の手伝いをしていましたが、借金はなかなか減りませんでした。


そのように借りたり返したりを繰り返しているうちにさらに借金が膨らみ、毎月の返済額も約17万円となってしまいました。

Kさんは、返済が難しくなってしまったため、当事務所にご相談に来られました。


対応と解決方法

Kさんから事情をお伺いしたところ、任意整理をした場合に見込まれる返済額であれば返済を続けていける状態であり、Kさん自身も任意整理をしたいというご希望をお持ちでしたので、任意整理の方針を取ることになりました。

受任後すぐに受任通知を各債権者に対して送付し、以後の返済をストップさせました。


返済がストップしている間、Kさんからは弁護士費用をお支払いいただきました。

債権調査終了後、各債権者と交渉した結果、毎月の返済額は約7万5000円となり、当初の予定の範囲内に収めることができました。


Kさんに和解の結果を報告し、和解書で決められた期日からKさんは返済を始めました。

Kさんは、当初の予定の範囲内の返済になったことから、順調に返済を続けておられます。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。


債務整理に関するコラム

個人再生に関するコラム

自己破産に関するコラム



この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理自己破産個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら