弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】勤務先の経営不振で退職し、収入が少なくても返済を続けたいのですが、個人再生は可能ですか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ホーム  >  債務整理・個人再生コラム  >  個人再生の解決事例  

   >  【解決事例】勤務先の経営不振で退職し、収入が少なくても返済を続けたいのですが、個人再生は可能ですか?


ご依頼者様 Yさん 40代 男性

借入額 3社 約200万円 毎月の返済額 約8万円


Yさんは、原因不明の体調不良に悩まされており、色んな病院に通ったり、サプリメントを試したりしましたが、原因は分からず、体調もなかなか改善しませんでした。

色々なものを試しましたが、費用がかさみ、生活が苦しくなってしまったので、借入をするようになりました。


Yさんは順調に返済をすることができていたのですが、勤務先の経営悪化により給料の支払いが遅れることが多くなり、生活費の不足を補うために借入額が増えていってしまいました。

Yさんは、なかなか退職を決心することができませんでしたが、会社が雇用保険や年金を支払わないような状態に陥ってしまったため、退職することを決心しました。


Yさんは、退職後次の仕事が見つかるまでの間も借入で生活費を賄っていたため、さらに借入額が増えていってしまいました。

無事に次の就職先も見つかりましたが、借入の返済をすると生活ができない状態になったため、当事務所にご相談に来られました。


対応と解決方法

Yさんの収入や生活状況から、自己破産も選択肢として考えられましたが、Yさんは、少しでもいいから返済を続けたいというお考えでしたので、個人再生を選択することになりました。Yさんの収入は少なかったものの、節約した生活を送っておられ、生活費が少なかったことから個人再生をすることも可能でした。

受任後すぐに受任通知を発送し、以降の支払いをストップさせました。


返済がストップしている間に、Yさんには弁護士費用をお支払いいただきました。

また、その間に必要書類もご準備いただき、全ての債権調査が終わると同時に裁判所に個人再生の申立てを行いました。


申立て後はスムーズに認可決定を受けることができ、Yさんは順調に返済を続けながら生活を送っておられます。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。


|関連記事

 多くのお問い合わせをいただいている個人再生について

 個人再生の流れ

 個人再生のQ&A




この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理・自己破産・個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら