弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】養育費の支払で借入れが増えましたが、任意整理できますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様 Uさん 男性 30代

借入額 4社で約260万円 返済額 毎月約10万円


Uさんには、以前に離婚した前妻との間にお子様がおられました。

離婚後は前妻とお子様の生活費を負担されていましたが、生活費が不足することがあり、借入れで生活費を補うようになりました。


そのような生活を続けていく中、Uさんに新たな出会いがあり、再婚されました。

再婚された現在の奥様にはお子様がおられ、Uさんは奥様とお子様と新たな生活を始めることになりました。


しかし、借金の返済で生活が苦しくなることがあり、今後のことを奥様とご相談されました。

その結果、弁護士に依頼して任意整理で毎月の返済額を減らし、返済のために奥様もパートで働くということになりました。


そこで、Uさんは当事務所にご相談に来られました。



対応と解決方法

Uさんにご依頼いただいた後、直ちに受任通知を各債権者に送付し、今後の返済をストップさせました。

返済がストップしている間に、Uさんから分割で弁護士費用をお支払いいただきました。

また、その間に、Uさんにも今後の生活を見直していただきました。


債権調査が終わった後、各債権者と交渉した結果、毎月の返済額は約5万円となりました。

Uさんにも生活を見直していただいた結果、奥様のパート収入も合わせれば、毎月5万円の返済は十分に可能だということでした。


Uさんは、順調に返済を続けながら、毎月の生活を送っておられます。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。


任意整理の流れ


債務整理に関するコラム

個人再生に関するコラム

自己破産に関するコラム




この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理自己破産個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら