弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】会社の部下におごることが多く、借入額がふえてしまいましたが、返済額を減らすことはできますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様 Jさん 40代 男性

借入額 3社 約340万円 毎月の返済額 約13万円


Jさんは会社で部下を持って仕事をする立場でした。

独身で、会社の部下と飲みに行っておごったりすることが多かったJさんは、外食費が多く、生活費がほとんど残らない月もありました。

そういう時にはキャッシングなどをして生活費に充てていましたが、部下と飲みに行ったりすることはやめられず、だんだんと借入残高が増えていってしまいました。


返済をし、部下におごり、また足りなくなって借入れをするということを繰り返すうち、気付けば借入額は340万円近くになり、毎月の返済額は約13万円になってしまいました。


このままでは返済を続けることも難しくなるし、今後の生活のことも心配になったJさんは、当事務所にご相談に来られました。


対応と解決方法

Jさんは長年同じ会社に勤めており、収入もそれなりにあり、外食以外にあまりお金を使うこともありませんでした。

そのため、外食費を抑え、普通に生活を続けていけば、任意整理後も返済しながら生活していくことが可能な状況でした。

また、Jさんも裁判所を使うような手続はしたくないということでしたので、任意整理の方針を取ることになりました。


Jさんからの受任後、すぐに受任通知を発送し、それ以降の返済をストップさせました。

Jさんには、返済がストップしている間に、弁護士費用をお支払いいただきました。


約3ヶ月後に債権調査が終了しました。

債権調査終了後に確定した金額を基に債権者と交渉した結果、毎月の返済額は約7万5000円で和解することができました。


Jさんは、部下におごることは少なくして、給料の範囲内で生活をしながら、毎月の返済を続けておられます。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。


債務整理に関するコラム

個人再生に関するコラム

自己破産に関するコラム




この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理自己破産個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら