弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】交際費で借入が増えましたが、高齢でも任意整理できますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ホーム  >  債務整理・個人再生コラム  >  任意整理の解決事例  

   >  【解決事例】交際費で借入が増えましたが、高齢でも任意整理できますか?


ご依頼者様 Wさん 70代 男性

借入額 10社 約390万円 毎月の返済額 約16万円


Wさんは、ご夫婦で親族の所有している家に家賃なしで住んでいました。

家賃がかからなかったため、Wさんは、毎月の収入を使い切ってしまうような生活を送っていました。

Wさんはご夫婦ともに付き合いが多く、おごったりおごられたりを繰り返していたのですが、いい格好をするために借入をしておごったりするようなこともありました。


そのために返済ができなくなるようなこともありましたが、親族に助けてもらったりしながらなんとか生活をしていました。

しかし、年金で生活するようになると、だんだんと借入額が増えるようになり、ついに返済ができなくなってしまい、Wさんは当事務所にご相談に来られました。


対応と解決方法

Wさんは、一人でご相談に来られましたが、お話をお聞きしていると、Wさん一人の問題ではなく、Wさんご夫婦ともに生活を改めていかないと根本的な解決にはならないと考えられました。

そこで、Wさんには一度ご家族とも話し合ってほしいということをお伝えし、Wさんはご家族と話し合いをされました。


次回の相談の際には、Wさんと奥様だけでなく、お子様もご一緒に来られました。

ご家族で話し合われた結果、借りたものはきちんと返していきたいこと、年金も少なくはなく、家賃もないので、Wさんの年金の中から支払いができるのであればその中から返済していくように家族としても協力していくということでした。

借入額から予想される返済額であれば十分に返済していけるということでしたので、任意整理の方針で受任をしました。


受任と同時に各債権者に受任通知を発送し、以後の返済をストップさせました。

その間に弁護士費用をお支払いいただきましたが、弁護士費用については親族の方から援助していただいたということでした。


債権調査終了後、各債権者と交渉した結果、当初の想定の範囲内での支払額となったため、Wさんに確認のうえ、和解を進めました。


任意整理終了後、Wさんは、ご家族と協力しながら返済を続け、お元気に生活されています。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。


関連記事

 任意整理の流れ

 【解決事例】友人との交際費や買い物で借金が増えましたが、毎月の返済額を減らせますか?

 債務整理のQ&A




この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理自己破産個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら