弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】夫が経営する会社が苦しいときに生活のための借入が増えましたが、返済額を減らせますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様 Pさん 女性 30代

借入額 4社で約160万円 毎月の返済額約6万5000円


Pさんは、ご主人様が会社を経営されていました。

しかし、経営が上手くいかない時期があり、会社の収益からご主人様の親や兄弟の生活のお金も出していたため、Pさんの家庭の生活費が不足することがありました。

生活費の不足を補うため、Pさんがカードで借入れをして生活をしていましたが、これ以上はこの生活を続けていてはいけないと考えて、Pさんは当事務所にご相談に来られました。


対応と解決方法

受任後、すぐに各債権者に対して受任通知を発送し、以後の返済をストップさせました。

Pさんは、少しでも返済を減らしたいというご希望でしたが、現状のままでは返済を減らしても生活を続けていくのが難しい状態でした。

そこで、Pさんにも任意整理の見通しを説明し、ご主人様と今後の生活について話し合っていただくことにしました。

Pさんがご主人様に現状を伝えたところ、ご主人様にも理解していただけたようで、任意整理の返済を続けながらでも生活ができるだけの体制を作ることができたということでした。

また、支払いがストップしている間に弁護士費用もお支払いいただきました。


そして、各債権者の債権調査が終わった後に各債権者と交渉したところ、毎月の返済額は約3万円で和解をすることができました。

和解後、Pさんはご主人様と協力しながら会社の経営を続け、返済をしながら生活を送ることができています。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。



この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理・自己破産・個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら