弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】パートナーと協力しながら返済していきたいのですが、いい方法はありますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様 Oさん 女性 40代

借入額 4社で約130万円 返済額 毎月約51,000円


Oさんは、結婚し、お子様も生まれましたが、ご主人様とうまくいかず、離婚することになってしまいました。

離婚後は養育費ももらうことができず、実家とも揉めてしまったため、実家に頼ることもできませんでした。

そのため、生活費が足りなくなってしまったことがきっかけで、借入れをするようになってしまいました。


その後、Oさんは、新しいパートナーを見つけて一緒に暮らすようになりました。

パートナーの方にも借金があることを伝え、協力して返済していくことになりました。

Oさんがパートナーとも相談したところ、任意整理をして返済をするという方法もあることが分かりました。


そこで、Oさんは、当事務所にご相談に来られました。


対応と解決方法

Oさんから現在の状況をお伺いし、どのような方法を取るのがよいかを考えました。

その結果、Oさんは、ブラック登録されても問題が少ないこと、将来の利息がカットされることから任意整理の方法を取ることに決めました。

そこで、受任後すぐに各債権者に対して受任通知を発送し、今後の返済をストップさせました。

返済がストップしている間に弁護士費用をお支払いいただき、各債権者からの債権調査を終えました。


債権調査の結果をもとに、各債権者と交渉を行った結果、毎月の返済額は約24,000円となりました。

Oさんは、任意整理後もパートナーの方と協力しながら返済を進め、余裕のある時には2ヶ月分の返済をするなどして、早期の完済を目指しているとのことでした。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。



この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理・自己破産・個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら