弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】会社の経費の立替や子どもの教育費で借入れが増えましたが、自己破産できますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様は、会社の経費をいったん立て替えて支払う際に手持ちのお金が不足することがあったため、借入れをして支払っていました。当初は返済ができていたものの、少しずつ借入が増えていってしまいました。

新たにカードを作って借入をしていたものの、子どもの教育費がかかったり、生活費が増えていくなどして、借入額がどんどんと増えていってしまいました。


なんとか借入れを減らそうと思い、おまとめローンを利用して借入をまとめましたが、会社の業績が悪化し、給料が10万円近くも下がってしまいました。

そのため、再び生活が苦しくなってしまい、おまとめローンで完済したカード会社からも再び借入れをするようになってしまいました。

借入額もどんどん増えていき、返済額が毎月約15万円になってしまい、返済が難しくなったことから当事務所にご相談に来られました。


ご相談に来ていただいた際に家計の状況をお伺いしたところ、毎月の収入とボーナスを合わせた金額でなんとか家計を回していけるといったような状態でしたので、自己破産の方針を取ることに決まりました。


申立ての準備後は裁判所に自己破産の申立てをし、スムーズに免責決定を受けることができました。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。


この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理・自己破産・個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら